食器買取業者を利用したときの、バカラのアルクールの買取価格を紹介します

日晃堂での食器買取体験談を紹介します

食器買取業者でのバカラ「アルクール」の買取

バカラアルクール買取価格

ここでは、私が食器買取業者で買取してもらった際の「バカラのアルクール」の買取価格について紹介していきます。アルクールの買取価格の他にも、食器買取業者を利用した感想や、アルクールについての雑学なども紹介していきますので、食器買取に興味のある方はぜひ読んでいってください♪

バカラのアルクールの食器買取価格を紹介!

アルクールの買取価格
アルクール
発売年:1841年
買取価値:高い

私は食器買取業者を利用して、バカラの「アルクール」という食器を買取してもらいました。

バカラのアルクールは、バカラの中でも一番有名なシリーズなんだそうですね。バカラのアルクールは、父親が持っていたのですが、そもそもグラスでお酒を飲む機会が殆どないので、高く売れるなら買取に出したい、といっていた物でした。 私自身も、バカラは高級なグラスのブランドだと知ってはいたので、出来れば高く売りたいとも思っていました。

私の父が持っていたアルクールは、タンブラーと呼ばれるロックグラスのようなもので、とてもシンプルな物でした。だけど調べてみたら、アルクールは他にも脚付きのグラスなどもたくさん展開されているみたいですね。 もちろん、それぞれの品で買取価格も違ってくると思うので、私の買取価格はあくまでも参考程度にお願いしますね。

私が買取してもらったバカラのアルクールの買取価格は、1点で3000円の買取価格がつきました!ペアグラスで2つあったので、バカラのアルクールだけで、合計で6000円の買取価格になりました。 他にも食器買取業者でいくつも食器を買い取ってもらったので、合計でかなりの金額になりましたよ!

バカラは食器買取でも注目されているブランド食器らしく、アルクールの他にもマッセナやローハン、エンパイアなど、色々なシリーズを買取しているみたいです。 バカラは世界的に有名なメーカーで、ブランドとしての価値も高いことから、食器買取でも安定した買取価格が付きやすいとのことでした。

バカラの有名高級食器「アルクール」について

バカラのアルクールとは

ここからは、バカラのアルクールについての説明などを紹介していきますので、食器買取に興味がある方もない方も、ぜひ読んでいってください!

バカラのアルクールは、アルクール侯爵家のためにデザインされた食器シリーズであることから、こう呼ばれることになりました。 発売は1841年からで、今も愛され続けているロングセラーのブランド食器です。 バカラのアルクールは、19世紀に開催されたパリ万博では、2度ものグランプリを獲得している名品で、さらに1917年にはローマ法王より、バチカンで使われるグラスに選ばれるという功績を授かっています。

バカラのアルクールは、アーチ型のフラットカットが最大の特徴で、バカラのクリスタルグラスの輝きを更に美しく見せています。 重厚感がありつつもエレガントなデザインで、本当かどうか分かりませんが、フランス人が最も愛するデザインともいわれているらしいですよ。

ページ上部へスクロール